マルガリータのレベルアップコーチング
ダイエットコーチングってどうなの?

コーチングのテーマに正解とか間違いとかって明確な境界線があるわけではありません。
クライアントさんが情熱を持ってやりたい、って思ったら、
どんなことでもテーマになりえます。

だけど、ダイエットの常連として、エステサロンのかつての上客として、
一言言わせてください。

安易にダイエットをコーチングテーマにするのは危険です。

コーチは基本的に何が正しい、とか教えることはしないんです。

クライアント ダイエットしたいんですけど。
コーチ なるほど。ダイエットをしたいのですね。どれくらい痩せましょうか?
クライアント そうですね、10Kgほど体重を落としたいんですけれど。
コーチ 10Kgですね。それは大きな目標ですね。
どれくらいの期間を使ってその目標を達成しましょう?
クライアント ええっと、3ヶ月くらいが妥当でしょうか。
コーチ なるほど。3ヶ月ですね。
それでは3ヶ月で10Kg痩せるために、何をしましょうか?
クライアント えっと、じゃあ、間食を減らして、ジムに通って運動しようと思います。
コーチ 間食を減らして、ジムへ通うんですね。いいですねえ!
ジムへはどれくらいの頻度で通いますか?
クライアント 週2回は行きたいですね。
 ・
 ・
 ・
と、まあ、
コーチングのスキルしかない(ダイエットについて専門的知識のない)コーチなら、
このような感じでクライアントの発言を承認しながら進めていくでしょう。

でも、ちょっと待って!

それが本当に正しいダイエット方かどうかもわからないまま
意気込みだけを承認されているかもしれないんですよ。

単なるコーチは、アナタの身長や年齢からの理想体重なんかも知らないまま、
アナタがこれだけ痩せたい、ということを、そのまま承認してしまうんですよ。

体重のことだけではありません。
ダイエットってただ体重を減らせばいいってモノではないですよね。
ちょっとやり方を間違えると、
ダイエットが終わったあとリバウンドしてしまうことだってあるし、
大きな危険にもなりかねないわけです。

コーチに承認されて進めていったダイエットが、実は間違ったやり方だったら?
とりあえずコーチング期間で体重は減らしたけれど、
間違ったダイエットによって健康を損なってしまったら?

そのチェックは誰がしてくれるんですか?


栄養士さんとか、スポーツインストラクターさんが、コーチングのスキルを持って
ダイエットをサポートしてくださるならいいと思うんです。

また、コーチにはメンタルなサポートのみを頼るということをしっかり納得し、
他にちゃんと専門家から正しいダイエット知識を得る手段があるなら、
大丈夫でしょう。

クライアントさんに、正しいダイエットの知識があることを
コーチ側が確信している場合も大丈夫だと思います。
この場合は、本当に実行をサポートするだけでよいわけですから。

私は、ダイエットの知識だけはありますが、
自分自身が成功したことがほとんどありませんので、
もし私のクライアントさんがダイエットをテーマにしたい、とおっしゃられても、
オススメはしません。

こんな私のセッションを受けたいですか? って覚悟を問うでしょう。

コーチの私たちも、ちゃんとクライアントさんに、コーチングの限界を伝えてから
それでもいいです、という場合のみ、コーチングを引き受けるようにしたいものですね。


  マルガリータのコーチングを受けてみたい!


マルガリータのお気楽コラム
(不定期更新)
自分のこと、好きですか?
コーチングはテーラーメイド
ダイエットコーチングってどうなの?